HOME > ニュース > 2005〜 >
   
   
ニュース 2006年
 
マイクロソフト認定ゴールドパートナー取得
 2006年4月30日 コモタは2006年1月、「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」の資格を取得しました。
「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」とは、マイクロソフト社がパートナー企業に対して認定するトップレベルのもので、マイクロソフトが推薦するシステム構築のエキスパート企業であることを証明するものです。
コモタは、99年2月にマイクロソフト認定の「ソリューションプロバイダー」の資格を 取得。
その後、現在の名称である「認定パートナー」として、マイクロソフト製品に関する高度なテクニカルスキルと独自のノウハウを駆使し、皆様のニーズに適応したビジネスソリューションをご提供してまいりました。
今回はその実績も認められ、最上位のパートナー認定を取得しました。

 
※2012年2月1日現在のマイクロソフト認定パートーナーロゴおよび内容はこちらをクリックして下さい。
マイクロソフト認定ゴールドパートナーとは、
技術力はもちろんのこと、導入実績、販売、サービス、サポート、顧客トレーニング、顧客満足度等、さまざまな項目がポイント数として換算、監査の上、決定されます。
特筆すべき実績のある分野が認定されます。コモタは Data Management Solutions(データ管理)とNetworking Infrastructure Solutions(ネットワーク環境の構築)に おいての実力が認められました。
マイクロソフトとのトップレベルのパートナーシップにより提供される各種製品に関する最新情報や技術サポートを いち早く導入。皆様のご要望にお応えしてまいります。

 

 
コモタでは今後、「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」を最大限に活かし、石油業界のGSビジネス部門はもちろんのこと、広く企業のIT担当者及びシステム管理者のお役に立てるよう努力する所存です。